ダイレクト髭ブログ

髭の髭による髭のための自己満足ブログ。
<< 新しい MacBook Air 11 届く! | main | 2Box DrumIt Five >>
Mini DisplayPort オーディオ出力
0
    Mac の Mini DisplayPort でオーディオ出力がサポートされたのは、
    iMac2009年モデルからだそうで、特に流行の地デジTVなんかにHDMIでつなぐときに重要なポイントになるみたいだなテレビ


    俺様の最新 MacBook Air も当然オーディオ出力はサポートされてて、
    「システムプロファイラ」で確認できた見る





    ただ、つないでみないことにはほんとに音が出るかわからないので、
    Mini DisplayPortケーブルを27インチiMacに接続する。

    そんでもって「Audio MIDI 設定」を開くと、、




    おおっ、見たことないデバイスが追加されてるニョロ


    ここでdp7を起動!

    「ハードウェアドライバの設定」を開くと、、




    うっほほーー、ちゃんと「DisplayPort」があるぜグッド
    内蔵出力とDisplayPortを両方選択。

    すると「バンドル」で独立ステレオ2系統4ch出力が作れる!!




    オーディオトラックの出力をDisplayPortにすると、なんとiMacのスピーカーから音が出てくるではないかひらめき

    さらに、iMacの音声端子から光デジタル出力できることも確認!

    す、すばらしい!


    MacBook Air にとって 27インチiMac は外部ディスプレイになるだけでなく、オーディオインターフェイスも兼ねるってことだぜびっくり



    そうそう、「オーディオ装置」の「内蔵マイク」2個の入力になってて、
    実際「バンドル」でも




    2系統、ステレオマイクみたいに見えるんだけど、1個のマイクをパラってるだけで完全モノラルパクッ
    片方逆相にしたら無音だったから間違いない見る


    それから、内蔵オーディオが最高「24bit/96KHz」までサポートしててすごいと思う。MacBook Air だけでこのフォーマットのプロジェクト開けるんだもんな。

    あ、DisplayPortは「24bit/48KHz」まで。これはiMac側の問題かも。

    まぁ、24/48で全然問題ないからいいけどニョロ



    | tmomidistudio | 髭とMac | 06:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |










    一番上へ