ダイレクト髭ブログ

髭の髭による髭のための自己満足ブログ。
うわー!Roland V-Drums TD-30とHD-3やでぇー
0

    とうとう出ました

    V-Drums新フラッグシップ音源「TD-30

    めっちゃかっこええ



    USBついてますよー



    フルセットの「TD-30KV-S」60万円(予)


    コンパクトな「TD-30K-S」40万円(予)




    いやー、とにかく大興奮ですよ フンガフンガ

    TD-20の発表が2005年の今頃だったから、
    実に7年ぶりの完全リニューアルってわけだよな。

    つーか、
    ほんとローランドの電子ドラムは他の追従をゆるさねぇぜ

    音源に加えてパッドやシンバルも新しくなりやがった。
    パッド触ってミュートとか出来るようになったのかな。

    TD-20とは次元の違う叩き心地だぜきっと。

    あー早く叩きたいなぁ





    そんでもってこっちが「HD-3




    基本セット8万円(予)

    専用スピーカー付き10万円(予)

    シンバルチョーク対応やキック改良等、HD-1からいい感じに進化

    HD-1が出たときはかなり衝撃的で、
    楽器屋で何時間も叩いてしまったなぁ

    ただ、騒音対策とはいえキックはやっぱり踏みにくかったし、
    キットの音もいまいちだなって思ってたんだよね。

    でもこのデザインと、どこにでも持って行けそうな軽量化具合。
    ちょっとした余興にはピッタリなわけ。

    しかしなかなか後継モデルが出ないんで、
    音源TD-9に付け替えて使おうかなんて考えてたりしてたんだけど。

    だからこの「HD-3」にも超期待


    あーこっちも早く叩きたいなーーー

    また渋谷でイベントやんのかな。



    というわけで、

    俺様所有のTD-9フルセットプラスアルファは、
    近日中に処分することにしたぜ







    | tmomidistudio | 髭と楽器 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    鍵盤がポキッ!
    0

      さっき鍵盤が折れた 

      ノートナンバー「55」の「ソ」
      GMドラム配列でいうスプラッシュシンバルの「G」
      ようするに一番売れっ子の「ゲー」やがな

      俺も鍵盤人生長い方だけど、折れたのは初めてだわ

      これまで他の人の「折れちゃったよー」ってのはよく見たけど
      どんな使い方すると鍵盤なんか折れんだよって思ってた。


      で、なんでこうなったかっていうと、
      機材レイアウトの都合で鍵盤後ろのスペースがあんまりなく

      でもって結構偉そうなデカめの椅子を使ってるもんだから
      鍵盤に向かうときは少々アクロバティックに体をクネラセて
      座んないといけないんだよね

      そうはいっても急いでるときはあんまり考えないで座って
      手すりが鍵盤に当たることが結構あった

      今日はね、なんか当たりどころが悪かったのかな、
      よいしょって座ったら「パキッ!」って折れた鍵盤が
      飛び上がっちゃったぜ

      あまりにイサギのいい折れっぷりだったんで
      「うわー」と叫んで思わず笑っちゃった

      めずらしく携帯でカシャ

      みんなもシンセ鍵盤は大事にしましょうね


      っていうかさー、週明けのコンペが結構あって
      頑張って曲作ってる最中なのにさー
      マスターキーボードつかえないよぉー

      どうしましょ




      | tmomidistudio | 髭と楽器 | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      MOTU MACHFIVE3
      0

         

        今日届いた

        これからインストールするとかしないとか

        ソフトサンプラーはずっとMACHFIVE
        初代を発売間もなく使い始めて、そうだなー、
        時期的にdesolationとかEXEはMACHFIVEだけで作った。

        なんでMACHFIVEかっていうと、
        DAWがDPでMOTUだからってのもあるけど、
        それまでずっと使ってたRoland S-760のデータが使えたから

        やっぱ自分でチマチマとサンプリングした音ってのは、
        時代とか容量うんぬんじゃなくて使用頻度が高いんだよ

        PowerMacG5とともに長いこと初代を使ってたけど、
        IntelMacにするときしかたなく「2」にアップグレード

        ライブラリの管理方法がちょっとめんどくなっちゃって、
        なんというか我慢して使ってる感じなんだよね
        初代のが使いやすく感じるのは俺だけかな。

        今回新しくなった「3」はもはやサンプラーっていうのかどうかがわかんないくらいいろいろ付いちゃってるよな

        俺がまず使いたいのはギター音源テレキャスター
        これでストラト、レスポール、テレキャス使いたい放題

        そうそう、FM音源の機能紹介でDX7の写真があるけども、
        実際は4オペなんだからちょっと誇大広告だと思う。

        てなわけで、まずはビニールを破って開封だな




        | tmomidistudio | 髭と楽器 | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        microARRANGER
        0

          久々の更新だぜ

          んまー毎度毎度、くだらない楽器のことばっかりなんだが

          KORG「microARRANGER」発売前から気になってたんだけど、
          発売されていろいろ動画とかも増えてきて、音聴いて、んーて感じ

          ようするになんだろ、素のトライトンの音聴いてる感じ
          特にドラムとかベース

          俺TRITON-Rack使いすぎて飽きてるから、この音だと
          ちょっと創作意欲が湧かないかも

          んで、今日気づいたんだけど、
          これって、仕様が「Pa50SD」と同じなんだよね
          ミニ鍵盤版「Pa50SD」ってこと

          Pa800は結構いい音だと思うんだ。
          だから今度はPa800と同仕様の「microARRANGER II」を頼む

          俺はね、むかし「i5S」持ってたんだ。
          01/Wの時代のアレンジャーワークステーションだよ。
          iシリーズ初のスピーカー付きモデルでさ。
          内蔵スタイルがかっこ良くて結構遊んだなー。
          確か懸賞に当たって「Sing Like Talking」のサイン入りSMFディスク
          を貰ったっけな。フロッピーだよ。そういう時代


          アレンジャーワークステーションって機能的に、カシオトーンとか
          ポータトーン、ようするに俺の大好きなポータブルキーボードの延長線上
          の楽器だと思うんだけど、日本じゃあまり売れないらしく、
          特に機能てんこもりの高級機はメーカーが日本で売ってくれない
          コルグのPa3Xとか、ヤマハのTYROSシリーズとかね。

          かつては日本でもいろんなメーカーの高機能ポータブルキーボード
          売ってて、賑わってたんだけどね。カワイとかテクニクスとか。

          今やポータトーンも10万以上のモデル売らなくなってるし

          日本だとやろうとしてることがエレクトーンとかぶるのかな。
          いやー、エレクトーンは教育ビジネスの中の楽器だし。
          つーかめっちゃ高いやん

          あとは開発が同じなのか、クラビノーバCVPシリーズなんかが結構近い
          機能付いてるけど、やっぱ最新のTYROSには劣るんだよなー。

          TYROS4とかマジすごいよ

          ここでヤマハに作ってもらいたい
          超高級ポータサウンド

          ミニ61鍵のTYROS4って感じのやつ。
          現実的に最新のCVPと中身同じでもいいや。

          定価398,000円で。


          もしくはー、MOTIF XS、XF 使用を前提とした、MIDIベースの
          アレンジャーワークステーションソフト
          見た目PSRみたいな画面で、スタイル選んでABCできるソフト。
          音源はMOTIFを使うのでPSRとは一線を画すプロサウンド。
          アカンパニメントは8パート構成、全パートインサーション付き。
          もちろんリアルタイムもしくはステップでコードシーケンスできて、
          出来上がったアレンジをMIDIでDAWに渡せるって感じで。


          どうでしょ



          | tmomidistudio | 髭と楽器 | 02:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          KORG KRONOS
          0
             
            価格が発表になって考え込んでしまう
            こ、こんなにも安いとは…

            「OASYS」があったからそう思うのかもしれないけど、この価格帯のシンセとしては間違いなく「M1」登場以来のブレイクスルーだと思う。

            61鍵盤のやつ買ってしまいそう




            | tmomidistudio | 髭と楽器 | 02:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            Zildjian Gen16 AE
            0
               
              あったあった


              アコースティックエレクトロニックシンバルだってー



              めっちゃかっこいいなぁ。
              V-Drumsにも使えんのかー?





              | tmomidistudio | 髭と楽器 | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              YAMAHA DTX ジルジャン ??
              0

                なにこれー


                YAMAHAのDTXのデモ演奏の写真なんどけどー、、


                Zildjian製の新しいDTX用シンバルなのかな?

                無数の穴
                青く光るリング状のランプ

                NAMM2011どこ探しても情報ないんだけど…
                うーん、メッチャ気になる




                | tmomidistudio | 髭と楽器 | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                2Box DrumIt Five
                0

                  俺様はV-Drumsユーザー

                  使い始めたのは高校生のときで、まだV-Drumsって名前じゃなくて、音源でいうと「TD-7」の頃からのヘビーユーザー

                  TD-10→TD-20と買い替えて、なんと今はTD-9。
                  4タム&シンバル5枚の豪華セットなのに入力が足らず、
                  シンバル2枚が未接続


                  そんな電子ドラムマニアの俺様は新製品が出たら必ずチェックする

                  スウェーデンからやってきた「2Box DrumIt Five」という新しい電子ドラム。去年からずっと気になってていろいろ調べてたんだけどね。
                  やっと発売されたんで楽器屋に叩きに行ってきた


                  見た目オレンジで超ポップ
                  全体的にパッドが大きい
                  音源は4GBのフラッシュで好きな音色に書き換え可能

                  とまぁ期待に胸膨らませて叩いたんだけど、、、あれっ
                  なんかすごい違和感

                  キック踏むとパッドが前後に振動してそれがもろ足にフィードバック。
                  パッドが下1カ所でしか固定されてないから、激しく踏むとパッド上の部分がかなり前後に揺れる。これがとにかく気持ち悪い。
                  横のパイプをもう1本増やして、キックパッドは上下2カ所で固定すべき

                  それからハイハット
                  クローズからオープンまでのリニアな感じが今ひとつ。フットスプラッシュはできたけど、ペダルが気持ちよく鳴らなかった。というかサンプルがちゃんと割り当てられてるのかが微妙だった。

                  スネアとタムはリムの感じも含め結構良かった。

                  シンバルも反応は結構良かったんだけど、覆ってるゴムの下にちょっと隙間がある感じで、造りがちょっと安っぽく感じた。
                  HPにも「エッジを直角に叩くな」って書いてあるから、V-Cymbalほどの頑丈さはないみたい。

                  あと、全体的にトリガリング性能がいまいちで、たまにあれって思うことがあった。
                  これは楽器としてはよろしくない


                  と、30分くらい叩いて「これはなしだな」と結論付けて帰ってきた。

                  ものすごく良かったら買い替えちゃおうかなとも思ってたので非常に残念




                  | tmomidistudio | 髭と楽器 | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  MusicLABファイヤーセール!
                  0
                    俺様、ギターは弾かないんだ。

                    パワーコードとか、ちょっとしたリフとかなら弾けるんだけど、
                    なんせ練習とか超嫌いだからまったく上達せず挫折(高校)パクッ

                    でもやっぱギターは生のがいいんで、バッキングを1小節づつ録ったり、
                    渾身のギターソロを1拍とかそれこそ1音づつ録ってつなぎあわせる
                    なんてこともした。まだパソコンで全部できる時代じゃないので、
                    録るってもサンプラー。「Roland S-760」だぜ。
                    なかなかいいマシンだったなぁピピピ
                    とはいえこんな骨の折れる作業毎回はやってられん。


                    時は流れてソフト音源全盛PC
                    ほんと今はいい時代だ。

                    ギター弾けなくたって超リアルに鍵盤でギターみたいな演奏ができる。

                    2005年、俺はナベヲの家に泊まったとき「こんなソフトあるよ」
                    とデモ版のリアル・ギターを見せられて
                    「うわっスゲーなにこれ!超かっこいいじゃん!」
                    と一番下のドとレを何時間も連打したもんだゲーム
                    言うまでもなく速攻で買って以来、使わない曲のが少ないほど愛用してる。



                    しかし、しかしだ。

                    アコギがリアルであればあるほどエレキの打ち込みがショボく聴こえるだろ。まあS-760を使いたおしてた90年代と違って、シンセの波形も随分良くはなってるから、手持ちのMOTIFで頑張れないこともない聞き耳を立てる


                    そうやって俺様がエレキの打ち込み頑張ってる間にどんどん時代は進歩。
                    2007年にはリアル・ストラトが発売され、
                    今年はリアル・レスポールカスタムも発売された。
                    この2大エレキ音源を知りつつも、2003年から使い続けてたG5では重そうだし、リアル・ギターも1.5のままだったし、いろいろあってMacOSは10.4のままだしと、もうMusicLABから気持ちが離れていた。


                    そしたらMusicLABから、
                    「2010年4月30日をもってRealGuitar1→2のアップグレードは終了だ」
                    って英語のメールが来ちゃって、MacOS10.5以降だと使えないの知ってたし、そろそろインテルMacにしたかったから、4月末に慌てて、
                    「RealGuitar2にアップグレードしたいです」
                    という意味を込めたメールを送り、俺様のつたない英語でもなんとか通じたらしく無事にアップグレードが完了拍手


                    となると俄然欲しくなる2大エレキ音源。
                    いつになく円高だし、ちょうどサマーセールをやってるMusicLABのオンラインストアで買ってもいいんだけど、やっぱ日本人なんで日本語のマニュアルが欲しいんだよね。
                    となるとクリプトンフューチャーメディアのパッケージを買うしかない。
                    しっかしバカ高い。オンラインストアの倍以上お金
                    あー、もっと英語勉強しとくんだった読書


                    そうこうしてたらなんと、クリプトンからメールが来て、
                    「衝撃価格!! MusicLABギター音源〜ファイヤーセール開始!」だって。
                    各100本限定、税込15,750円均一っていうから驚きだびっくり
                    もう速攻で注文ひらめき


                    昨日の昼には届いたぜ!

                    real2gt


                    今日はこれからギター三昧だグッド


                    うっはっは






                    | tmomidistudio | 髭と楽器 | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    MOTIF XF
                    0
                      あー出ちゃったのねパクッ


                      ヤマハの新しいシンセ「MOTIF XF」シリーズNEW!
                      うーん、真っ黒!



                      実を言うと、俺様の音楽制作用マスター鍵盤はずっとMOTIFなんだよな

                      初代「MOTIF」温泉


                      2代目「MOTIF ES」星


                      んでもって今使ってる3代目の「MOTIF XS」おはな



                      しかも全部「7」セブン
                      マスターキーボードは76鍵じゃないとイヤなの。

                      単純にヤマハの鍵盤が好きってだけなんだけどね。
                      なんだかんだ毎度毎度買い替えてるぜグッド


                      MOTIFはPCM音源だから波形命。容量はあればあるだけいい世界。
                      実際初代MOTIFは84MBだったのが、XFではなんと741MB!
                      しかもオプションでさらに2GB追加可能だってびっくり
                      ハードウェアシンセとしては驚異的な容量だなピピピ

                      最近はソフト音源も付属ライブラリがウン十GBとかあたりまえだからそれに比べれば全然少ないとはいえ、よく使う音色で2GBビッシリ埋めればアレンジサクサク出来るかもな〜ニョロ



                      と欲しい欲しい的なこと書いてるけど、実はそうでもない。

                      ポロリだってXSとXFって色が違うだけでデザイン一緒だし。
                      ノーノー結局アレンジはソフト音源で完結したほうが便利だし。
                      イヒヒ27インチのiMac買っちゃったし。
                      たらーっ21インチのiMacも買っちゃったし。
                      モグモグなんか高そうだし。
                      ふぅ〜ん使わないし。



                      なんだ、いらないんじゃん。





                      | tmomidistudio | 髭と楽器 | 03:57 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |

                      一番上へ